長持ちさせる

歯を長持ちさせるための根管治療とは

虫歯の治療をしていると歯科医は今どんな治療をしているだろうと思う時があります。特に、ドリルで削っている場合よりも、なにか細長い針金のようなもので歯の中をぐりぐりしている時にそう思ったりします。 そのぐりぐりと削っているような治療は、根管治療をしているのです。 根管治療とは、歯の神経をとってから、の根の中を消毒し、薬をまんべなく詰めるという治療です。虫歯が進行して、歯の神経にまで行ってしまうと痛みが強くなってしまいます。この痛みをとるためには、歯の神経を取り、消毒し、薬を詰めなくてはいけないのです。この治療をすることで歯の痛みが取れるのです。また、歯が長持ちするのです。 根管治療とは、痛みを取ることだけではなく、長く自分の歯を保つたことができるようにすることが目的なのです。

基本となる治療法について

虫歯が進行し、歯の神経にまで経ってしまうと歯の中には膿がたまってしまいます。 免疫が低下した時に、急に歯が痛くなってしまうのはそのためです。また、歯の根元の歯茎が白くなってしまうのもこの膿のためです。 歯医者では、根管治療をして消毒します。それによって膿は取れていきます。 根管治療とは、歯の中に出来てしまった細菌を針金のようなものでこすり落とし消毒します。治療中に患者がぐりぐりするように感じるは、その治療をしているのです。少しでも細菌が残ってしまうとまた再発してしまいます。歯科治療でで何回も通院するのは、根管治療をするためです。丁寧に細菌をとらないといけないのです。 歯の中に薬を入れる時は、空気が入らないようにしないと細菌がまた発生してしまいます。治療後にレントゲンをとって歯の中が白く見えるのは薬が入っているためです。歯科医は、空気が入っていないかレントゲンで確認するのです。 根管治療は、神経を残さずとり、消毒をして薬を詰めるという流れになります。 自分の歯を守るためには、大切な治療となるということを忘れてはいけないのです。